早期退職して無職になって5か月 ~ストレスなんか要らない~

今年の3月末に早期退職してから、5か月が経ちました。引き続き、無職です。

早いものですね、あっと言う間に感じます。これが会社だと、5か月もあれば何らかの波乱が起きますから、それ程早いとは感じないでしょうね。何か失敗したり、精神的にダメージを受けたり。会社を辞めるとそういうのが一切ないです。誰とも喋らないので、叱責されたり、口答えされたり、マウントを取られたりすることがないです。

今でも、たまに会社から前の仕事のことで電話がかかってきますが、仕事がからむと、どうして相手を攻撃するような口調になるんでしょうね。言われたら反論しないといけいし。無視するわけにも、黙ってるわけにもいかない。仕事をする人は、みんな機関銃を持って方々に撃ちまくりながら走ってるかのようです。

「ストレスはゼロでも良くない」と言いますが、精神的ストレスはゼロでいいんだと思います。この5か月、人間関係によるストレスはほぼゼロです。5か月に限って言えば、ストレスがないことで生きる張り合いがなくなったり、ストレスがないことが逆にストレスになったりするようなことはありません。ストレスなんか要らない。ストレスはゼロでも、何の問題もありません。

ただ、ストレスの耐性と言うのはなくなっていってる気がします。ひとたび、人とやり合うような場面に遭遇したらうまく対処できなさそうです。なだめたり脅したりしながら、事を有利に運ぼうとする人とはうまく付き合えなさそうです。問題と言えば、そこが問題ですね。仕事復帰が困難になってるかもしれない。戦うことなく、すぐに敵前逃亡しそうです。

会社の仕事と言うのは何なんでしょうか。書類を書いたり、アイデアを考えたり、機械の動かしたりするのは、仕事の内の10%程度で、その大半は大なり小なり人との争いごとなのかもしれません。だから会社での仕事が嫌なんでしょうね。会社と言うのは、常に戦う姿勢でいないと殺されます。戦う意思のない者まで戦わされるのが、会社と言うところです。

今の生活の問題点と言うのは特にないですが、少し先のことを考えるとやはりお金が一番の問題になると思います。お金は欲しいですね。労働はしたくないけど、お金は欲しい。矛盾してるでしょうか。矛盾などしてませんよ。奴隷になりたくないと言う、人としての根本的な欲求をベースに考えているだけです。

労働せずにどうやってお金を得るか。人に命令されたり、理不尽な扱いを受けずにどうすればお金を稼げるのか。今考えてるのは、そんなことばかりですね。時間があって、頭も体も使えるのなら、楽しくお金を稼ぐのが人生の過ごし方としてベストだなと、当たり前のような結論を何度も確認してる状態です。

会社を辞めたことは後悔していません。後悔の感情が湧いてきたことは、一度もないです。昔の不愉快な感情を思い出すことは、何度もありますけど。今はストレスもなければ、やりがいや生きがいもない状態です。この状態が最高だとまでは思わないですけど、ニュートラルで普通の状態だなと感じます。少なくともマイナスの状態ではない。人生も株もFXもマイナスでなければ勝ちです。無職になって、やっと勝ち組に入れるのかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. deefe より:

    お互いに機関銃を打ち合って、何かが勝てるのかといえば皆が負けるだけなのだがこうも打ち合おうとするのはなんなのだろうと思う。
    会社という所は金利がついた時間に追われることによって、いつの間にか戦場に立たされたような錯覚におちいってしまう所なのかもしれない。

    • ナオユキ より:

      deefeさん、コメントありがとうございます。

      あまり戦いたくないですね。

  2. deefe より:

    ライバルと打ち合うならまだしも社内で打ち合ってますからねえ
    バトルロワイアル状況ですよ