失業認定(5回目)に行ってきた ~基本手当日額アップ~

失業認定(5回目)に行ってきました。

今月から基本手当日額が0.5%増えるそうです。

毎月勤労統計」から増減額を算出してるそうですね。

勤労者に準じた額で失業給付がもらえます。

私の場合は、1日45円増えて8,250円。

28日毎にもらえる額は231,000円です。

これは失業給付の上限額です。

サラリーマン時代の給料がどんなに多くても、失業給付でもらえるのは最大この額。

何もせずにもらえる額としては大きい。

でも、今までの給料に比べると少ない。

今の一人の生活だと、貯金が減ることもなく、さほど増えることもない。

まさに「空白の時間」の感覚ですね。

この空白の時間が終わる、失業給付金が切れるタイミングが一つの区切りになりそうです。

毎日、何をしなくてもいいんだけど、それまでに決めないといけないこともある気がする。

投資とか、次の収入の当てとか、この先どうやって生きて行くかとか。

無職でもやらなければいけないことはありますね。

雇われてないからこそ、自分の人生にコミットしないといけない。

忙しいと言う意味ではないけど、考えることは多い。

暇なんだけど、暇じゃない。

逆に言うと、サラリーマン時代はいかに自分の人生を考えずに生きてきたか。

無職はアウトローな感じがしますが、サラリーマンの方が本当はおかしな存在じゃないのかな。

サラリーマンに比べると、無職の方がはるかに人間的で普通です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 無職になると全責任が自分に及んできますが、不思議と重圧はないんですよね。
    むしろ気楽になった気がします。
    サラリーマンは守られているようで、両手両足がんじがらめの状態だからでしょうね。

    • ナオユキ より:

      招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。

      そうですね。収入なくなったけど、ものすごい気楽です。