IPOはとりあえずの投資先に最適なのかも

メルカリ、その他もろもろIPOに申し込みましたが、全く当たりませんでした。

そりゃそうですよね。あんな濡れ手に粟の投資なんて、誰もが申し込みます。人気があり過ぎて当たる訳ない。資金がマイナスになる可能性がほぼゼロですからね。当たらない。

IPOはほとんどの証券会社で、抽選権利は一人にひとつです。でもSBI証券だけは申し込み株数に応じて抽選の権利の数が与えられます。つまり、お金がある方が当たりやすいってことですね。だから他の証券会社では一口づつで申し込んで、残りの動かせる資産をSBI証券に入れて最大口数で申し込んでます。

それでも当たりませんけどね。ただこの場合、資産を「運用」してると言うことになりませんでしょうか。今まで投資先が決められずに、普通預金でお金が遊んでいる状態でした。IPOに申し込むことで、たとえ抽選に外れても当選確率をアップさせることに役立ってます。IPOの当選額を公表してるサイトを見ると、利回り換算で数%くらいはあるみたいですね。数%ならずいぶん優秀な投資先です。

資金の拘束期間が短くて、確率のバラツキは大きいとは言え、数%の利回りが期待できるなら、IPOはとりあえずの投資先として最適なのかもしれないなと思います。これでお金を遊ばせていると言う罪悪感から解放される。

でもSBI証券に資産が集中するのは、それはそれで問題ですけどね。SBI証券に何かあると、私の早期退職ライフプランが崩れてしまう。SBI証券さん、堅実な経営をお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする