生命保険を解約してきた

入社してすぐに入った生命保険

生命保険を解約してきました。

入社してすぐに入った定期保険特約付き終身保険です。

保険に入ったときの死亡保障額は3000万円でした。

会社に入ったばかりの結婚していない20代に、死亡保障が3000万円も必要だったのでしょうか?

周りの同期もほとんど入ってました。会社の人も入れ入れと。

毎年4,5,6月は保険のおばちゃんの稼ぎ時です。

あの手この手で勧誘してきます。

私は、「そういうものかなー、やっぱりいざと言うときに必要なのかー。でも、いざってどんな時なんだろう?結婚もしてないし、俺が死んでも誰も困らないんだけどな」と純朴な心で迷っていたんですが、同調圧力に負けて入ってしまいました

別に強制されたわけでも、手を持たれて無理やりハンコを押させられたわけでもないので、私の責任なんですが、純真な青年の心をもてあそぶ何とも酷い仕打ちです。

その時の保険のおばちゃんの理屈はこうです。「あなたが亡くなれば、親御さんが悲しむでしょ。そんな時、少しでもお金があれば気が和らぐのよ。社会人として当たり前のことよ」

倫理観道徳観に訴えられると、若輩者では反論し辛いですね。

今はどんな理屈なんでしょうか。何か青年をだます説得するマニュアルのようなものが保険会社にあるのでしょうか。

無職に生命保険は要らない

解約は身分証明書を見せて、解約返戻金の振込先銀行の通帳を見せて、書類にサインするだけです。

割とあっさり終わりました

契約したときの書類などは、何も必要ありませんでした。

死亡保障額を最低限の120万円まで減額してましたが、保険料は月々約7千円でした。

サラリーマンのような定期収入があると気になりませんでしたが、もう今はこんな額払う気にならないです。

解約返戻金は37万円

あまり解約返戻金のことは考えてなかったので、ちょっとうれしい臨時収入ですね。

これでメルカリのIPOを買おう。

今の保険の担当の人に「保険なくて大丈夫ですか?」と聞かれましたが、「大丈夫です」と答えておきました。

保険の担当の人って、あまり悪意がなさそうなんです。

本気で保険に入ってないと不安みたいです。

そこは議論をふっかけたりしませんでしたが、無職が生命保険に入ってるなんてどう考えておかしい

収入が途絶える危険て、もう収入ないんですけど

お金の勉強は大事

お金の勉強をすればするほど、金融関係の会社って信用できなくなってきますね。

銀行、証券会社、保険会社、大手は特に。

客の損失がその会社の利益になるような商品を販売している金融機関とは、本当に注意して付き合わないといけないです。

こちらに知識がないと、いいようにお金を巻き上げられてしまいます

保険の解約もちょっと遅すぎたかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. deefe より:

    まあ葬式代みないなもんなのかな
    なんだかんだ言って葬式しないとなると、周囲との軋轢があるからなあ

    • ナオユキ より:

      deefeさん、コメントありがとうございます。

      葬式代のため、と言われたこともありますね。
      まあ、そんな高い葬式はしないですけど。