早期退職の個人面談がまだ始まらない

まだ始まらないです。

遅いな。

説明会から2週間くらいたつのにな。

今回の個人面談では、おそらく早期退職や今後の待遇の条件だけを個別に説明して終わりだと思います。意思確認はせずに。希望者は後日、書類を提出とか、再面談とかかな。

だって、辞めたらいくらもらえるのか、続けたらどの程度給料が減るのか、まだ分からないですからね。判断しようがないですよね、今の時点では。説明をして、よく考えてくださいと促して終わりでしょう。

いきなり、そんな初回の面談で「辞めます」って言う人間がいるとは思っていないでしょうね。

まあ、それを私がするんですけどね。

もう退職金の額とか、今後の給料とか関係ないですから。早期退職の加算金がもらえればそれOKです。

もうどれだけ辞めたかったんだって話です。早期退職の募集がかかるのをずっと待ってたのかって。待ってたんですけどね。

なんだこいつはって思われるかな。仕方ないね。裏切者だからね、会社を辞めるなんて。

今は、遠足の前の日の小学生の気分かな。それともドラ待ちでテンパイしている気分かな。もう早く言いたいです。辞めるって言って、責任から逃れたいです。

今になると、これだけ長くサラリーマンを続けていたことの方が不思議なくらい、辞めたがっていますね。この先定年まで働くなんて、どうやっても想像ができなくなるほどサラリーマンが嫌になっています。

こんな風になるとは思ってもみませんでした。でも、人の生き方としてはこれで正解なんじゃないかと。

早く面談をして欲しいです。面談前に自己申告するのも変ですしね。自己都合退職と捉えられても困るし。早くこいこい個人面談。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする