ATM相互無料化 ~危ういメガバンク~

現金をあまり使わなくなった

そう言えば、現金をあまり使わなくなりましたね。

電子マネーが出来てから、少額の買い物でも現金を使わずに支払いができるようになりました。

現金を使う場面は、近所のスーパーとか、税金とか、コンビニのコピー機とか。

コピーて高いですよね、1枚10円て。PDFにスキャンしたら1枚30円ですよ、奥さん。

会社では何も考えずにコピーしてましたけど。

たった1回の会議で、全員に資料配るために山のような紙を使ってました。

1時間後には捨てるのに。もう個人ではあんなことできないですね。

三井住友銀と三菱UFJ銀、ATM相互無料化

<三井住友銀と三菱UFJ銀>ATMの相互無料化を検討(毎日新聞)

三井住友銀行と三菱UFJ銀行は、現金自動受払機(ATM)の手数料を相互に無料化する検討を始めた。自前で管理するATMを減らして維持費用を減らし、顧客の利便性を高める狙いだ。将来は端末の統一化を目指す。

ATMがなくなっていくのは時代の流れでしょうね。

ATMで現金を降ろすことも少なくなってきましたし。

いずれは一つのATMで、全銀行のお金が降ろせるようになるのでしょうか。

危ういメガバンク

存在が危ういのはATMではなくて、メガバンクでしょうね。

一般消費者にとって、メガバンクて何のメリットもないです。

金利は低し、金融商品は詐欺みたいだし、お金は貸さないし。

メリットは、「有名だから」の1点しかないです。

何も知らない消費者を騙すような仕事はやめた方がいいですね。

金融リテラシーの低い人がまだたくさんいるおかげで、成り立っているような商売。

緩慢なオレオレ詐欺みたいです。

 「あー、オレオレ。超有名銀行です」

 「超有名銀行さんですね。安心しました」

 「あー、外貨預金、超お得だからやっといてね」

 「はい、分かりました」

そのうち、みんな知恵がついてきてメガバンクから離れていくんじゃないでしょうか。

でも中の人はかなり優秀だと思うので、早く早期退職でもした方がいいのかもしれないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする