無職になっても太らない

会社を辞めて無職になってから、ずっと運動をしていないです。

ジムやランニングはおろか、ウォーキングみたいな軽い運動もしてないです。

最近は、箸より重いものを持ったことがありません。

運動不足がひどい。

会社で働いていたときは運動してないとは言え、動いてたので、それなりにカロリーを消費してたと思います。

今は、車で図書館とスーパーを行ったり来たりしてるだけ。

階段すら昇ってない。ひどい。ひどすぎる。

でも太らないですね。

体重計は持ってないので見た目の感じですが、太ってきた感じはないです。

もともと太ってはいないんですが、それでも食生活が乱れると太るときもありました。

今は、食っちゃ寝の生活してるのに前とあまり変わらないですね。

多分、運動はしてないけど、その分食事量も減ってるからじゃないかなと思います。

今は1日2食なんですが、お腹が空いてなければ食べる量も自然と減っていきます。

でもサラリーマン時代は、お腹が減ってるかどうかとは別の理由で食べるときがありましたね。

自分へのご褒美」みたいなもの。

今日は頑張ったから、パワハラに耐えたから、プロジェクトが一区切りついたから。

いろんな理由で、飲みに行ったり、お菓子を食べたり、ジャンクフードを食べたり。

「自分へのご褒美」が悪い事だとは思いません。

仕事以外の息抜きがないと、会社と言うところでは生きて行けないですから。

でも、こういう食べ物の「自分へのご褒美」と言うのは、ストレスと言う精神的苦痛を食の快楽でまぎらわしてると言うことですよね。

精神面はそれでまぎらわせても、体の側からすると運動もしてないのに過剰なカロリーを摂取してることになる。

食べ過ぎたものは、そのまま脂肪になって太ります。

無職になると、そういうことがないです。

「自分へのご褒美」的に何かを食べることがないですね。

毎日が平坦で何もない日々なので、ストレスや精神的苦痛と言うものがないです。

ストレスがないから、ご褒美もない。

ご褒美はないけど、ストレスがないから特に欲しいとも思わない。

今はまだお金がないと言うわけでもないので、欲望の向くままに食べようと思えば食べられます。

でも、その欲望と言うものが湧いてこないです。

節約してるからと言う理由ではなく、平穏な日々と言うのは食生活を自然と質素にして行きますね。

それが健康にもつながるのかなとも思います。

とは言え、運動しなさ過ぎはまずいなと。

ウォーキングでもしてみようかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    はじめまして。ブログ読ませていただきました。
    私もこの3月末で早期退職しました。54歳です。
    来月からジムに通うことにしました。食事の量や質は変えていないのに、
    なんか体が太ったような感じです。動かないからですね。(笑)
    FXで生活していますよ。
    しゅう

    • ナオユキ より:

      秀さん、コメントありがとうございます。

      早期退職されてるんですね。
      ジムもいいですね。運動は必要です。

      FXで生活とはうらやましいです。そこまでの技量はないので……