退職日まであと2週間となりました

退職日まであと2週間となりました。提出書類は全て出したんじゃないかな。退職願、退職金振り込み先届、財形解約、守秘義務の宣誓書。と言ってもこのくらいかな。意外と少ないですね。早期退職する場合には銀行口座を複数用意しておいた方がいいですね。預金保護金額を超えると何かと不安だし、口座開設には時間もかかるしね。

私が早期退職することは、もう大半の人が知っている状態となりました。知られてしまうと割と気楽です。次の仕事とか、仕事観とかでそれほど問いただされることもないです。でも4月の仕事やGWの出勤の話を普通にしているのが、なんとも不思議な感じがしますが。

今は、それでも目前の仕事のことが頭の中の大半を占めています。2週間後にはいなくなるんだと理解していても、こういう習性からは抜け出せないですね。3月末の期限の仕事をどうやって終わらせるか、でも3月末には確実にいないんですけどね。本当に飼い慣らされた畜生です。

先日、次期プロジェクトの説明の場で、私の発言に対して副社長から好意的なコメントを頂きました。それがちょっと嬉しかったんですね。これほどサラリーマンは搾取されているとか何とか言っておきながら、上位の役職のコメント一つで感情を揺さぶられてしまう。これほどまでにか弱い感情を持っているのかと、嬉しさと同時に悲しさと悔しさを感じました。これが社畜であり、奴隷の姿ですね。単に金銭的に支配されているだけでなく、感情面も会社や組織に依存している。やりがいや、動機付けも会社の手中に預けているのはおかしいですよね。自分の感受性くらい自分で守らなければなりません。

来週、後任者が赴任してきて、再来週は最終出社日です。本当に心配しなければならないことは、今の仕事のことより4月からの生活やお金のことだと思うんですが、それを考えるほど頭が理性的になっていません。大きなトラブルなく過ぎて行って欲しいです。でもトラブルは日々起きますから、目の前の出来事に対処しなければならない日々がまだ続いています。

寂しいとか、名残惜しいとか言う感情がないのが、本当にちょっと意外です。今は、早く耐久走を走り終えたい中学生のような気分です。周りの景色などどうでもいいから、地面に倒れこんで一休みしたい、そんな気分ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする