Apple Musicのレコメンド機能は素晴らしい

Apple Musicは以前から使ってます。

こういう定額サービス、お金かかるし続けるかどうか迷ってましたが、続けてます。

と言うよりも、Apple Musicなしでは生きられない体になってます。車に乗ってるときは、ずっとApple MusicのStationかForYouと言ったレコメンド機能の曲を聴いています。

レコメンド機能は、それまでに自分が選曲した曲と近いジャンルやアーティストの曲を推薦する機能です。その推薦する曲の近さ加減、外れ加減が絶妙で、1本となりの道のような感じで興味を持つものが多いんですね。だから、自分の聴く音楽の幅がだんだん広がっています。この年になって。

びっくりです。今さら自分の音楽の幅を広げてどうするんだって感じなんですが、もっと聴きたいなって思うのは仕方ないですよね。こういうのはもっと若い時に経験しておきたかったです。レンタルCDではお金も手間も限界がありますから、それほどたくさんの曲は聞けないです。でも今は、定額で、ストリーミングで、音楽を次から次へとザッピングして聞けます。本当にいい時代ですね。Spotifyやgoogle playとか使ってないけど、レコメンド機能はあるんでしょうね。こういう機能使えば、テレビで流れてる音楽以外のものにも手軽に触れられるので、若い人は特に使って欲しいですね。新しい音楽に触れることで、自分の人生が変わるかもしれないですから。料金は個人向けが月に980円、学生なら480円です。安い。(Appleの回し者じゃないです)

レコメンド機能ておもしろいですよね。服を買うとき、店員に「こちらはどうでしょうか」って言われるのと同じですから。でもCDショップで「この曲どうでしょうか」とは言われませんからね。ネットができて、初めて服屋の店員のような提案営業ができたんです。今、CDは売れないですけど、音楽の需要は減ってるわけじゃないと思います。音楽業界はまだまだ努力する余地があると思いますね。

定額サービスに一度入って、それが生活の一部になるともう抜けられないですね。消費者の囲い込み完成です。でもそれで楽しみが増えるんだったら構わないですけど。J-POPでも洋楽でもEDMでも何かしら音楽に興味のある人は、Apple Musicでなくても、ぜひ定額サービスに入ることをお薦めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする