FXとCFDとの値動きの違いとは

FXはやってる人多いですけど、
CFDは少ないような気がします。

CFDはほぼFXと同じ仕組みで、
対象が、金、銀、原油、日経、ダウなど、
ありとあらゆるものを対象としてます。

FXとCFD、両方やってると思うんですが、
FXは値動きの予測が非常に難しいですね。

FXの値動きは、単純な通貨に関わる要因だけでなく、
いろいろな国の政治や経済政策がかかわって、
それらが全部反映されたものが現在の価格なんで、
ファンダメンタルズ的にこれらを全部考慮するなんて
かなり難しいと思うんですが。

テクニカル的にも要因が多すぎて
教科書的な動きが少ないように思います。

一方、CFDはそこまで政治などの動きに左右されないので、
値動きが単純ですね。
チャートの形が分かりやすいです。
動き出すと一方通行で、飛び乗りしても大丈夫だったりしますね。

チャートの形がきれいであること
定石通りの、静かな海の波のような値動きをしていること
これを探し出せれば、勝てます。

FXは全ての通貨が連動してるので、
マイナーな通貨でもドルや円の動き、
政治経済等の不確定な変動の影響を受けてしまいます。

CFDは割とその銘柄単独の動きをするので、
チャートの形が銘柄毎に異なります。

つまり、ポートフォリオを組めるってことですね。
相関関係があまりない、銘柄を組み合わせることができて、
リスク分散が図れる。

FXやってる人はCFDまで手を広げた方が
安全な気がします。

ただ損切りはやはり重要で、
値動きが一方通行なだけに、損する時も額が大きいです。

損切りは必要経費と考えて、
淡々と切っていけるようにならないとな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする