FXで感情をコントロールするには

FXで負ける原因てなんでしょう?

急激に値が上がって、入ればすぐ勝てそう。
ちょっとだけ、5pipsだけ勝ったら逃げようかな。
て、入ったら天井掴みで急降下。
ちょっと我慢してみたけど、耐えられず損切り。

ありますよね。あるある。
分かってても止められない。
どうしたらいいんでしょう?

FXで負ける原因は感情

エントリーや、損切りのルールはあっても
目の前の値動きに動揺して、ルールを破ってしまう。

損失を出した後に冷静になって考えれば、
入るべきじゃない所で入ってる。
何であんな所で入ったんだろう?

入った理由は感情です。
エントリーのルールを横に置いて
「なんか勝てそう」と思って入ってますね。

感情は抑えられない

人間の感情は抑えられません。
「なんか勝てそうだから入りたい」と思ってるのに
「勝てそうと思わない」と思うことはできないです。

だからルールを厳格に守ってトレードする。

よく言われる話ですね。
当然、エントリー、損切り、利益確定ルールを厳格に守れば
感情に任せた無謀なトレードはなくなります。

でも、これ苦しくないでしょうか?
入りたいのにルールだから入れない。
チャート画面を見てる間、その葛藤がずっと続きますよね。

何と葛藤してるのでしょう?
自分で決めたルールと、チャートを見てる時の感情。
チャートを自分なりに分析して出した結論と、
目の前の値動きで呼び起こされる感情。
両者が異なっていますね。
そこが問題です。

感情は自分の中の野生

感情はもう一人の自分です。
本当の自分と言う言い方もできます。
動物である自分、野生の自分とも言えるかもしれません。

感情はわがままで、幼稚で、素直な裸の自分です。
感情は理性である自分がコントロールできないものです。
感情には怒鳴りつけたり、命令したりして
理性で意のままに動かすことができません。

感情を無視して、行動のみをコントロールすることはできますが、
非常に苦しい状態です。
トレードが苦役になります。

まるで自分でブラック企業を作って
そこに就職してるようなものになりますね。

この感情と行動の相違はいずれ破綻します。
ルール外のエントリー、チキンな利益確定
または、トレードそのものからの撤退。

いずれにしろ終わりを告げます。

ほとんど絶望ですよね。
解決法はあるのでしょうか?

感情は感情でコントロールする

そもそもエントリールールではない場面でなぜ
「入りたい」と思うのでしょうか?

「勝てそうだから」ですよね。
つまりエントリールールに対する信頼感が
自分の中で乏しいのです。

まだ自分の中のもうひとりの自分が
エントリールールを納得していないと言うことですね。

どうやって納得さればいいのでしょうか?

「勝てそう」との思いには「どうせ負ける」で対抗します。

つまり「勝てそう」と思う場面で、実際に入って
実際に負けてみることです。

値動きが激しい場面で飛び乗り、急降下して損切
その失敗をもう一人の自分に経験させる。

重要な点は、エントリーとエグジットを感情に任せた行動を取るよう
理性の自分がコントロールすることです。

なかなか難しいですが、
感情をもっている野生の自分
理性で判断して行動する(筋肉を動かしてマウスをクリックする)自分
その両者を観察してコントロールする自分
が必要です。

感情と理性の2者だと理性側の自分のコントロールが難しくなります。
この2者を第三者的な立場で観察する自分を
想定することで両者のコントロールが可能になります。

上記の損切りを行うと負けてしまいます。
ただ、金額は少額で構いません。
100円の負けと10000円の負けで、
10000円の方が100倍悔しいと言うことはないです。
感情は金額に比例しません。

そこは感情をうまく騙せばいいのです。

少額で失敗トレードを繰り返し、
自分の中の感情が納得するまで続けること。

急激な値動きのとき、「ここで入ってもどうせ負けるな」
と思うことが最終ゴールですね。

感情とルールが一致したとき、
トレードが楽になり、相場が味方のように感じます。

それには時間がかかります。
でも自分のコントロールができれば確実に成果がでます。
一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする